感覚検査の目的と方法,評価結果の判定基準や記載方法を解説

感覚検査は難しい理学療法評価です。

理由として感覚検査の結果は対象者の主観に大きく左右されるという特性があるためです。

今回は感覚検査(触覚,痛覚,温度覚,位置覚,運動覚,振動覚)の目的と方法を記載します。

記事を閲覧して頂いた後に再度、参考書を一読することで理解が深まるかと思います。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

感覚検査の目的

感覚検査の主目的は神経異常所見の判定です。

感覚は以下の2種類に大別されます。

・表在感覚(触覚,痛覚,温度覚)

・深部感覚(位置覚,運動覚,振動覚)

表在、深部感覚いずれも以下のプロセスを踏むことで認知されます。

①表在・深部感覚の感覚刺激を身体抹消より入力

②入力情報は各経路を上行

③上行した入力情報は視床を介し大脳皮質で統合することで認知

この①~③のいずれかの過程に問題が生じると感覚の認知困難となり感覚障害が出現します。

感覚検査は①~③の過程に問題が生じているか否かを判断するテストバッテリーです。

表在感覚(触覚、痛覚、温度覚)の評価方法と判定基準、結果の記載方法

触覚、痛覚、温度覚の評価、判定、結果を感覚毎に解説します。

触覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

触覚は身体抹消より入力されると前脊髄視床路と後索を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

触覚の評価方法

触覚の評価に必要な物品は毛筆かティッシュです。

細長くしたティッシュの先端を用います。

閉眼し健常部位に毛筆かティッシュで軽く触れます。その感覚を10点とします。

閉眼し障害部位に毛筆かティッシュで軽く触れます(同程度)。その感覚が何点か聴取します。

同時に「ビリビリ、ジンジンなど」の異常感覚の有無を聴取します。

片麻痺者の場合は非麻痺側を健常とし、麻痺側の点数と異常感覚の有無を評価します。

触覚の判定基準と結果の記載方法

触覚の判定基準は以下の2点です。

・触覚の程度(鈍麻・消失)

・異常感覚の有無(過敏など)

触覚の程度に関する結果の記載方法は以下のように点数と正常、鈍麻、消失のいずれかを表記します。

10点、正常

1点~9点、鈍麻

0点、消失

鈍麻には軽度・中等度・重度の3段階の重症度が存在しますが段階別の点数配分は厳密には明記されていません。

検査はデルマトームの評価用紙を見ながら行うと混乱せずに時間短縮が図れます。

異常感覚の結果の記載方法は検査対象者の言葉をそのまま表記します。

例えば「触って1秒くらいしてからジンジンした」などです。

正常でなければ異常感覚であると判断します。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

痛覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

痛覚は身体抹消より入力されると外側脊髄視床路を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

痛覚の評価方法

痛覚の評価に必要な物品は安全ピンかクリップの先端です。

閉眼し健常部位に安全ピンかクリップの先端で刺激します。その痛みを10点とします。

閉眼し障害部位に安全ピンかクリップの先端で刺激します(同程度)。触れたら返答して頂きその痛みが何点か聴取します。

片麻痺者の場合は非麻痺側を健常とし麻痺側の点数と返答時間を評価します。

痛覚の判定基準と結果の記載方法

痛覚の判定基準は以下の3点です。

・痛覚の程度(鈍麻・消失)

・異常痛覚の有無(過敏)

・遅発痛の有無(痛みの遅延)

痛覚の程度に関する結果の記載方法は以下のように点数と正常、鈍麻、消失のいずれかを表記します。

10点、正常

1点~9点、鈍麻

0点、消失

異常感覚の結果の記載方法は検査対象者の言葉をそのまま表記します。

例えば「触ってからすぐズキズキした」などです。

正常でなければ異常感覚であると判断します。

遅発痛の結果の記載方法は触れてからの返答までの秒数を表記します。

何秒遅れたら遅発痛になるという明確な境界線はありません。

私の場合、健常部位と比較し返答が遅延したら「遅発痛の疑いあり」と表記します。

温度覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

温度覚は身体抹消より入力されると痛覚と同様に外側脊髄視床路を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

温度覚の評価方法

温度覚の評価に必要な物品はペットボトルです。

ペットボトルを2つ用意し温水(約40~50度)と冷水(約10度)を別々に入れます。

閉眼し健常部位に温水と冷水を約3秒あて温度を確認して頂きます。その温冷覚を10点とします

閉眼し障害部位に温水と冷水を3秒間あてます。温水か冷水かを返答して頂き点数を聴取します。

片麻痺者の場合は非麻痺側を健常とし、麻痺側の点数と返答を評価します。

温度覚の判定基準と結果の記載方法

温度覚の判定基準は以下の2点です。

・温度覚の程度(鈍麻・消失)

・異常感覚の有無(過敏)

温度覚の程度に関する結果の記載方法は以下のように点数と正常、鈍麻、消失のいずれかを表記します。

10点、正常

1点~9点、鈍麻

0点、消失

異常感覚の結果の記載方法は検査対象者の言葉をそのまま表記します。

例えば「触れてからジンジンする」などです。

正常でなければ異常感覚ありと判断します。

深部感覚(位置覚、運動覚、振動覚)の評価方法と判定基準、結果の記載方法

位置覚、運動覚、振動覚の評価、判定、結果を感覚毎に解説します。

位置覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

位置覚は身体抹消より入力されると後索を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

位置覚の評価方法

位置覚の検査には物品は必要ありません。

閉眼し健側の関節を他動的に動かし保持します(足底接地下での膝屈曲など)

その状態下で患側の関節を自動運動にて模倣して頂きます。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

位置覚の判定基準と結果の記載方法

位置覚の判定は程度(正常・鈍麻・消失)で判断します。

上述した検査方法を5回行い、正当数を記載します(3/5)。

また5/5が正常、1~4/5は鈍麻、0/5は消失と記載します。

運動覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

運動覚は身体抹消より入力されると後索を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

運動覚の評価方法

運動覚の検査も物品は必要ありません。

閉眼し健側の母趾(母子)を他動的に動かし、動かした方向を口頭で答えて頂きます。

閉眼し患側の母趾(母子)を他動的に動かし、方向を答えて頂きます。

運動覚の判定基準と結果の記載方法

運動覚の判定は程度(正常・鈍麻・消失)で判断します。

上述した検査方法を5回行い、正当数を記載します(3/5)。

また5/5が正常、1~4/5は鈍麻、0/5は消失と記載します。

振動覚の評価方法と判定基準、結果の記載方法

振動覚は身体抹消より入力されると後索を上行します。

上行した入力情報は視床を介して大脳皮質の体性感覚野に到達します。

振動覚の評価方法

振動覚にはC音叉を用います。

閉眼し振動させた音叉を健側の骨突起部にあてます。音叉をあてた時と振動が消失した時の2回を口頭で答えて頂きます。

閉眼し患側にも同様に検査を行います。

振動覚の判定基準と結果の記載方法

振動覚の判定は程度(正常・鈍麻・消失)で判断します。

音叉の振動が感じられない場合は消失、あてた時と振動が消失した時に時間の遅延があった場合を鈍麻と記載します。

複合感覚と意識されない深部感覚

他の感覚には複合感覚(2点識別覚)や意識されない深部感覚が存在します。

2点識別覚は名前の通り、2点同時刺激を識別する感覚です。

2点識別覚の検査ではノギスやコンパスを用いて2点を同時に刺激し2点と感じた最小距離を計測します。

意識できない深部感覚とは筋紡錘と腱紡錘の筋張力に関する感覚情報です。

筋から入力された筋張力情報は脊髄小脳路を通じ上行し小脳に到達します。

小脳の病変では感覚入力量の減少や情報の統合障害、出力調節機能の破綻が生じ運動失調を呈します。

まとめ

感覚検査(触覚,痛覚,温度覚,位置覚,運動覚,振動覚)の目的と方法を記載しました。

感覚検査を要領よく行い検査時間の短縮が図れれば、その分リハビリ治療時間が増大します。

リハビリ治療時間の増大はリハビリ対象者にとってメリットしかないため、その一助となれば幸いです。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)
レクタンダル(大)