リハビリで展開するマッサージ効果とおすすめ方法

マッサージはリハビリでもよく展開される治療プログラムの1つです。

今回はリハビリで展開するマッサージ効果とおすすめ方法に関して記載します。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

リハビリにおけるマッサージ効果

マッサージは大きく心理面に作用する効果と身体面に作用する効果に分類されます。

マッサージは6つの方法で構成されており、6つの方法全てに共通して期待できる効果が心理面に作用する効果です。

具体的には、触圧覚刺激によるリラックス効果、不安抑制効果が期待できます。

身体面に作用する効果は6つのマッサージ各方法で異なりますので方法と期待できる効果を以下に記載します。

リハビリにおけるマッサージ方法

リハビリにおけるマッサージは6つの方法に分類されます。

①軽擦法

②強擦法

③圧迫法

④揉捻法

⑤叩打法

⑥振せん法

軽擦法

軽擦法は皮膚を対象とし静脈還流量とリンパ液の循環還流量増大、除痛を目的としたマッサージ方法です。

軽擦法は抹消から中枢に向かって手掌もしくは手指で滑らかに軽擦する手法です。

リンパドレナージが代表的な軽擦法です。

リンパドレナージに軽擦法が用いられる理由は強度な力で圧迫するとリンパ節が潰れリンパ液の還流が滞るためです。

強擦法

強擦法は主に筋を対象とし、筋緊張異常の緩和による除痛を目的としたマッサージ方法です。

強擦法はセラピストの母指や手掌で筋肉の起始から停止にかけ圧を加えつつ移動させる手法です。

強擦法は摩擦による剪断力が大きく経験が浅いセラピストが行うと皮膚トラブルが生じるリスクが高いため注意が必要です。

高齢者は光沢している皮膚や落屑を認める皮膚を有する割合が多く、皮膚が脆弱であるため個人的には強擦法は推奨しません。

圧迫法

圧迫法は主に筋と靭帯・腱を対象とし、筋緊張異常の緩和による除痛、靭帯・腱の癒着軽減を目的としたマッサージ方法です。

圧迫法はセラピストの手指や手掌・手根などを用い対象部位に集中して圧迫を加える手法です

母指と示指の先端で組織を挟み込む二指圧迫法も含まれます。

圧迫法は臨床での実用性が高いです。以下の手技・治療は圧迫法に含まれます。

・筋膜リリース

・Ⅰb抑制アプローチ

・トリガーポイント治療

揉捻法

揉捻法は主に皮膚と筋、靭帯、腱を対象とし、皮膚の癒着予防と筋緊張異常の緩和による除痛、靭帯・腱の癒着軽減を目的としたマッサージ方法です。

揉捻法はセラピストの5指で筋肉を握り、圧を加えながら筋繊維を絞り出すようにこねる手法です。

末梢から中枢にかけて実施していきます。

叩打法

叩打法は主に他のマッサージ施行後に残存する圧迫感除去を目的としたマッサージ方法です。

叩打法はこぶしを握り、マッサージを施行した部位に対しリズミカルに軽く叩く手法です。

また叩打法によるタッピングは肺痰療法に応用することができます。

振せん法

振せん法は主に皮膚を対象とし、静脈還流量やリンパ液の還流量増大を目的としたマッサージ方法です。

振せん法は、手指や手掌を治療部位に垂直にあて対象部位全体に小刻みな振動を伝える方法です。

技術的に高度であり、セラピスト側の疲労も大きいことから臨床ではあまり見かけない手技です。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

リハビリ臨床におけるおすすめマッサージ方法

私見では圧迫法の使用をおすすめします。私は圧迫法の使用率が臨床上圧倒的に高いです。

圧迫法の使用率が高い理由は凡庸性の高さにあります。

円背などの不良姿勢は機序が違えど僧帽筋や胸鎖乳突筋、大胸筋などの筋肉に過緊張が生じやすいです。

母指と示指の先端で組織を挟み込む二指圧迫法は、上述した筋肉の緊張緩和を図る有効的なアプローチ方法といえます。

円背の詳細とリハビリアプローチはこちらです。 お時間があったら閲覧ください。

また整形疾患や腰痛を有する方に対してもトリガーポイント治療や筋膜リリースが有用です。

脳卒中片麻痺で筋緊張亢進を認める筋に対してはⅠb抑制テクニックを施行することで緊張緩和が図れます。

筋緊張亢進の詳細な内容はこちらです。 お時間があったら閲覧ください。

このように圧迫法は群を抜いて凡庸性が高いです。

圧迫法の欠点という訳ではないですが、浮腫を認める方に対しては先に軽擦法を実施することが望ましいです。

リンパ節は圧迫で簡単に潰れてしまうため、リンパ液還流が滞ることが理由です。

マッサージの禁忌

近年では末期癌の方に対するリハビリ需要も増大しリハビリを展開することも多くなってきました。

悪性腫瘍の方でも医師の許可がでればマッサージを施行することが可能です。

マッサージの目的を明確化し医師とリハビリ対象者・ご家族と共有しつつ実施してください。

また、皮膚感染性の疾患がある場合と皮膚に炎症初見がある場合、神経炎の急性期はマッサージが禁忌となります。

臨床でマッサージを施行する際は医師の指示の下、リスク管理しつつ実施してください。

まとめ

リハビリで展開するマッサージ効果とおすすめ方法に関して記載しました。

リハビリで展開するマッサージは6つの方法に分類されます。

①軽擦法

②強擦法

③圧迫法

④揉捻法

⑤叩打法

⑥振せん法

全ての方法に共通して期待できる効果が触圧覚刺激によるリラックス効果と不安抑制効果です。

身体面に作用する効果は各マッサージ方法で異なるため、手法を理解しつつ展開する必要があります。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)
レクタンダル(大)