肩や腰を温熱するホットパックの効果と作り方、禁忌まとめ

ホットパックは病院やデイケア等の施設にもよく設置されているポピュラーな物理療法機器の1つです。

今回はホットパックの概要と効果、禁忌、使用方法について記載します。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

ホットパックの概要

ホットパックは加温装置(ハイドロコレーター)で75度~80度に保温したシリカゲルをタオルやビニール袋で包んだ物品の総称です。

ホットパックは、以下の2つに分類されます。

・ホットパックをそのままタオルに包んで身体へあてる温熱式

・ホットパックをビニールで包んだ後でタオルを重ねて用いる乾熱式

温熱式は気化熱の影響によりホットパック終了後に水滴を拭き取る必要があります。

そのためリハビリの臨床におけるホットパックは、乾熱式の方法が主に選択されます。

ホットパックの効果

リハビリの臨床上、覚えておくべきホットパックの効果は主に2つです。

血流改善による疼痛緩和効果

筋過緊張による筋短縮位での保持や、筋肉の持続伸張位での保持は慢性的な筋虚血状態により疼痛が生じます。

筋虚血による疼痛に対してホットパックの温熱療法は効果を発揮します。

具体的には、ホットパックで局所的に温熱された部位は血管拡張し血流が増大することで筋虚血状態が即時的に改善されます。

即時的に増大した血流により発痛物質のブラジキニンが押し流され、疼痛が緩和されます。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

軟部組織の伸張性増大効果

温熱作用により即時的に結合組織の弾力性が向上し伸張性が増大します。

ホットパックは表在性温熱療法のため、表層から1cm程度までの表層筋がターゲットとなります。

ホットパックは深層筋の温熱作用は乏しいです。

深層筋をターゲットにする場合は極超短波の選択が効果的です。

極超短波の概要や効果、使い方の詳細はこちらです。お時間があったら閲覧ください。

また関節性拘縮に対してはホットパックよりも超音波療法を選択したほうが効果的です。

関節性拘縮とは、関節包を構成する組織の器質的変化に由来した関節拘縮のことです。

主に関節包の短縮・癒着で生じます。

エンドフィールは筋性拘縮より硬度が強い感覚です。

コラーゲン含有量が多い関節包は超音波を吸収しやすく、加温効果が得られやすい特徴があります。

ホットパックの禁忌

以下の場合はホットパック禁忌となります。

ホットパックの施行は医師の指示に従いリスク管理の下実施してください。

①急性期の炎症を認める場合

②知覚障害を認める場合

③皮膚疾患がある場合

④創傷部がある場合、創傷部へのホットパック施行は禁忌

⑤非対称性末梢循環障害を認める場合

⑥悪性腫瘍

ホットパックの作り方と使用方法

以下は乾熱式の方法です。

①ハイドロコレーターからホットパックを取り出します。

②ホットパックの水を切り、ビニール袋をかぶせます

③ビニール袋の上にバスタオルを8~10枚敷きます。

④10分程度施行します。

※実施中は自覚症状・他覚所見を確認し低温火傷に注意してください。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)

臨床上でのホットパック使用感

脊柱起立筋の過緊張に伴う筋・筋膜性疼痛に対し、筋の伸張性増大と疼痛緩和目的でホットパックを使用しました。

退行性変化に伴い抗重力筋である脊柱起立筋と多裂筋は萎縮します。

多裂筋は深層筋であるため過緊張に対する物理療法は極超短波が選択されますが、脊柱起立筋は表層筋であるためホットパックの温熱効果が期待できます。

多裂筋や脊柱起立筋の過緊張が生じている方は骨盤前傾の増強により、腸腰筋・大腿直筋の過緊張・短縮を認める頻度が高いです。

多裂筋や脊柱起立筋の過緊張で骨盤前傾の増強が生じる機序の詳細はこちらです。お時間があったら閲覧ください。

そのため腹臥位にて脊柱起立筋にホットパックを施行し、他動的に股関節・膝関節屈曲を行い腸腰筋・大腿直筋をストレッチすることで筋伸張を図り骨盤前傾を是正していました。

また僧帽筋上部・中部・下部繊維の過緊張や筋虚血に対しホットパックを使用しました。

円背姿勢で頭頚部が前方突出している方の多くは僧帽筋上部繊維の過緊張を認めます。

円背姿勢で頭頚部が前方突出する理由と姿勢矯正の詳細なリハビリはこちらです。

大胸筋の過緊張を認める方の多くは左右肩甲骨外転、僧帽筋中部・下部繊維伸張位保持により筋虚血が生じます。

表層筋の過緊張と筋虚血の問題を即時的に解決する一手法としてホットパックは選択可能です。

ホットパックのデメリットは10分間の時間制約です。

同時並行で他部位の筋伸張が行えると効率的にリハビリが遂行できると思います。

まとめ

ホットパックの概要と効果、禁忌、使用方法について記載しました。

ホットパックは、表層筋の伸張性増大や疼痛緩和に効果を発揮するため、動作練習前にストレッチと同時並行で行いたいアプローチです。

スポンサーリンク
レクタンダル(大)
レクタンダル(大)